MENU

格安SIMはなぜ安いのか

格安SIMはまず、メリットとしてその月額料金の安さにあります。
そして、その安さの理由は何なのか、その仕組みはどうなっているのか気になるところです。
この格安SIMの安さの理由のひとつとして、MVNOの利用にあります。

 

MVNOは他者から通信回線の設備を借りて独自のサービスを提供し、リーズナブルな料金を提供することで安くなります。
分かりやすいくいいますとNTTなどの大手のキャリア「通信体通信事業者」から無線通信のインフラ設備などを借りているため、人件費や経営にかかるコストなどをカットと削減することでユーザーへと格安で提供できるのです。
そこで疑問となるのが他社から借りるということは逆に高くなるのではないかという疑問も湧くとおもうのですが、実はその他社である大手キャリアは全国のショップや通信設備費、端末、サービスなどに多額の資金をかけることでコストが上がっているのであって、その一方のMVNOはそれらの資金が省かれてコストをかけずに契約者の分だけで提供できるので安くなるのです。

 

そのMVNOは多数のプラン設定を持っております。
その中でネットをあまり利用されない方の為にデータ通信の容量を小分けにして、安くなるプランや、通話を多く利用する方向けの通話し放題プランなどがあります。
ですので、より細かく自分に合ったプランを選べるので、その利用しない分の料金を省くことで、格安が実現できるのです。
ではMVNOの電波エリアや繋がりやすさなども気になるところではありますが、多くのMVNOはドコモのネットワークを借りているため繋がりやすさはほぼドコモと同じで、快適な通信ができます。
またMVNOのプランでは途中の変更も可能で追加のデータ通信の容量も確保できます。
そしてMVNOの乗り換えるにあたっての前のキャリアメールやそのプランが使えなくなることやそれまでの決済サービスが利用できなくなるなどの注意も必要です。